レーザー脱毛の安全性

医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とは?黒色もしくは茶色の波長のレーザーを、皮膚または毛根に照射することで、当該部位に意図的にダメージを与え、永久に脱毛をおこなう治療の事をレーザー脱毛と言います。しかし毛周期の関係上一回の治療では完全な脱毛が行えないため、3回~6回程度の治療を必要とします。なぜなら完全に脱毛が行える周期には限りがあり、その一定の期間に合わせて照射を段階的に行うことで、かぎりなくすべての周期の毛根を治療する必要性があるからです。ですから逆に申し上げれば、患者の毛周期が奇跡的に同じであった場合は、一回もしくは少数回の治療で済む可能性がある、というわけなのです。

レーザー脱毛で注意したいこと

レーザー脱毛で注意したいこと札幌の医院に限った話ではなく、医療脱毛を実際に行われるうえで絶対に守っていただきたいのが、「日焼けをしないこと」と「毛抜きをしないこと」です。レーザー脱毛は一定の組織に反応させ、その部位にダメージを与えることで治療をおこないます。ですから、日焼けなどでメラニン色素が増加した場合、調整次第では健康な皮膚にまで余計なダメージを与えてしまう可能性があるからです。できる限り日焼け止めなどにて予防をおこなう必要があるでしょう。またムダ毛を剃毛で処理しておくことは良いのですが、抜毛は毛周期がずれてしまうためNGとされています。注意が必要でしょう。

毛周期と脱毛の関係

毛周期と脱毛の関係なんどか説明に上っている「毛周期」なんですけれども、これは簡単に説明をおこなうならば毛が新しい毛へと生え変わる期間のことをさします。なぜこの毛周期が永久脱毛に大きく影響を与えているのかともうしますと、毛髪を完全になくすことというのは実は完全には不可能で、実際には限りなく無毛に近いちいさな産毛の状態にまで毛髪の育成を制限することで、永久脱毛を行っています。そのためには毛髪の成長期に適切な感覚で適切なレーザー照射を行い、より無毛に近くなるように制限をかけているのです。そのためにどうしても毛周期を把握しておく必要があるというわけなのです。

自己処理の危険性

気になるムダ毛を毎日処理するのは大変ですし、肌へのトラブルが絶えません。
主に引き起こされる肌トラブルは、【カミソリ負け】【埋没毛】【毛嚢炎】【色素沈殿】です。
また、自己処理後のケアが不十分でもトラブルが起きます。乾燥や日焼けです。札幌は冬が長いので乾燥には十分注意しましょう。
その点、医療脱毛は肌への負担が少なく、アフターケアが万全なので肌トラブルの心配はありません。